スポーツ体験・スポーツ観戦ツアーならエイチ・アイ・エス

現地情報Local Information

エリア情報のマップ

シンガポールエリアナビLocal Attractions

国土は東京23区とほぼ同じ大きさ。
小さな土地にさまざまな民族が寄り添い合う
シンガポールは、エリアによって異なるカラーや
魅力があります。
主なエリアをご紹介。

  • シティのイメージ シティのイメージ City シティ 歴史的建造物や文化施設が建ち並ぶ
    シンガポール川の下流一帯、行政機関や歴史的建造物が多く残るエリア。近代シンガポール発祥の地ともいわれる。
    地図上で見る
    マリーナのイメージ マリーナのイメージ Marina マリーナ 再開発で話題のウォーターフロント
    マリーナ・ベイを取り囲むこのエリアは開発が著しく、マリーナベイサンズなど話題の大型施設が多い。
    地図上で見る
    リバーサイドエリアのイメージ リバーサイドエリアのイメージ River Side Area リバーサイドエリア シンガポール川沿いに拓けた
    トレンドエリア
    レストラン、バー、カフェなどが集合し、夜になるとさらに勢いが増すクラーク・キー。川沿いを西へ進んだロバートソン・キーもレストラン街として人気。
    地図上で見る
  • セントーサ島のイメージ セントーサ島のイメージ Sentosa Island セントーサ島 究極のエンタメアイランド
    シンガポール本島の南に位置し、
    リゾート・ワールド・セントーサなど最新テーマパークが集結するエンタメアイランド。
    地図上で見る
    チャイナタウンのイメージ チャイナタウンのイメージ Chinatown チャイナタウン ノスタルジックな街並みが広がる
    中国系の移民によって築かれた街。
    みやげ物店、中国料理店などが営業し中国パワー全開のエリア。
    地図上で見る
    リトルインディアのイメージ リトルインディアのイメージ Little India リトル・インディア 異国情緒を感じるエスニックタウン
    ヒンドゥ―寺院も多く、本国さながらのインド文化が垣間見られる。
    地図上で見る
  • アラブストリートのイメージ アラブストリートのイメージ Arab Street アラブストリート 黄金に輝くモスクが街のランドマーク
    リトル・インディアに接するアラブ・
    ストリートには、イスラム文化が色濃く残るエキゾチックなイスラムワールド。
    地図上で見る
    カトンのイメージ カトンのイメージ Katong カトン プラナカン文化が息づく
    歴史的なエリア
    19世紀頃から続くマレー、中国、
    ヨーロッパの文化が融合したプラナカン文化を肌で感じることができる数少ないエリア。
    地図上で見る
    オーチャードのイメージ オーチャードのイメージ Orchard オーチャード ショッピングセンターが勢揃い
    シンガポール一のショッピングストリート。ファストファッションにハイブランドと、目抜き通りのオーチャード・
    ロード一帯が賑わう。
    地図上で見る

グルメGourmet

グルメにはたまらない
食べ物天国シンガポール。
これだけは押さえておきたい、
郷土料理ともいえる
名物料理を一挙に紹介。

チキンライスのイメージ チキンライスのイメージ
チキンライスChicken Rice
茹で鶏とその茹で汁で炊いた白米を一緒に盛り付けたもので、「海南風チキンライス」とも呼ばれます。シンガポールだけでなくマレーシアなど東南アジア周辺地域の庶民料理で、
フードコートや屋台でも食べることができます。
チリクラブのイメージ チリクラブのイメージ
チリ・クラブChilli Crab
スパイシーなソースとともにカニをたっぷりと盛りつけた、「エビチリ」のカニ版のような料理。カニ味噌とチリ、
ニンニク、卵などで作るソースは、辛いだけでなくどこかまろやかな味わいが評判。パンのようなマントウ(饅頭)に
このソースを絡める食べ方がおすすめです。
バクテーのイメージ バクテーのイメージ
バクテー(肉骨茶)Bak Kut The
骨付きばら肉などをニンニクや漢方系ハーブで煮込んだ料理。お肉を骨から削ぎ取るように食べ、最後はスープをご飯にかけるスタイルが一般的で、現地ではファーストフードの ような感覚で食べられています。薬膳スープの味と染み出た肉汁のおいしさが旅行客の支持を集めています。
ラクサのイメージ ラクサのイメージ
ラクサLaksa
シンガポールのラクサといえば、こってりとしたココナッツミルク系のカトンラクサが主流。
干しエビからダシを取り、ハーブたっぷりのチリペーストと合わせた濃厚スープとココナッツミルクが見事にマッチ。
ホッケンミーのイメージ ホッケンミーのイメージ
ホッケン・ミー(福建麺)Fried Hokkien Mee
太めの黄色い麺を、エビやイカなどの具材とともに
炒めたもの。
カヤトーストのイメージ カヤトーストのイメージ
カヤトーストKaya Toast
カリカリのトーストにココナッツで作られたカヤジャムと
バターをサンドしたB級スイーツ。
シンガポールでは定番の朝ごはん。
人気スポットのマップ

人気スポットPopular Spots

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのイメージ ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのイメージ
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイGardens by the Bay
まるでSFの世界のような巨大タワーは、高さ約50メートル
18本のツリーのうち1本の上層部にはレストランがあります。そして下界は熱帯植物のみならず、多民族国家・シンガポールのルーツを辿れる歴史的文物やユニークなオブジェや彫刻などが点在、 自然いっぱいの憩いの空間 です。
夜はライトアップされ注目のナイトスポット。
地図上で見る
マリーナ・ベイ・サンズのイメージ マリーナ・ベイ・サンズのイメージ
マリーナ・ベイ・サンズMarina Bay Sands Singapore
一度見たら忘れられないフォルムの建物の中には、ホテル
だけでなく最新のショッピングモールやカジノ、シアター、
ミュージアムが揃い、ここには「食」・「買」・「エンタメ」
とあらゆる魅力的な施設が入っています。
宿泊者のみが行ける最上階のプールサイドからの風景は
まさに絶景。
マリーナエリアの夜景をバックに毎晩行われる、光と水と
レーザーを駆使したショーは必見です。
地図上で見る
マーライオン公園のイメージ マーライオン公園のイメージ
マーライオン公園Merlion Park
マーライオン公園は、シンガポールのおなじみ観光スポットです。シンガポール観光でやっぱりこちらははずせないでしょう。
マーライオンの背後にはシンガポールらしい美しい高層ビル群が立ち並び、マリーナ・ベイの対岸にはマリーナベイ・サンズの3つのビルが見えるなど、 マーライオン公園からの眺望は、まさに思い描いたとおりのシンガポールの街並みです。
ここでかの有名なマーライオンと写真をとれば、シンガポールに来た実感が一気にわいてくるでしょう。
地図上で見る
リゾート・ワールド・セントーサのイメージ リゾート・ワールド・セントーサのイメージ
リゾート・ワールド・セントーサResorts World Sentosa
世界最大級の海洋水族館&アミューズメントプールを
備える「マリン・ライフ・パーク」に、リゾートホテルから、世界的なテーマパーク
「ユニバーサルスタジオ」まで
詰まったエンタメアイランド。
地図上で見る
ホッケンミーのイメージ ホッケンミーのイメージ
シンガポール動物園Singapore Zoo
「世界で最も美しい動物園」と称されるシンガポール動物園。
檻のないオープンな動物園で、広大な園内に 300種、2800頭以上の動物 が野生に近い環境で飼育され活動的な姿を間近で観察できる世界的にも珍しい動物園です。
絶滅危惧種のホワイトタイガー、ホッキョクグマ
コモドドラゴン などの希少動物にも会え、放し飼いエリアのオランウータンは必見です。
地図上で見る
カヤトーストのイメージ カヤトーストのイメージ
ナイトサファリNight Safari
実は東南アジアの動物の約8割は夜行性。
35ヘクタールの敷地に約130種、2500頭の夜行性動物が
暮らし、昼間の寝ている姿からは想像もできないほどの、アクティブな姿を見せてくれます。日本語トラムに乗って、
動物たちの知られざる世界へ。
地図上で見る

写真提供:シンガポール政府観光局

TRAVEL INFORMATION

パスポートとビザ
日本国籍を有する方は、2週間以内の滞在であればビザは必要ありません。パスポート残存期間は6ヶ月+滞在日数が必要です。
(但し、変更になる可能性もありますので、事前に確認が必要です。)
通貨と両替
通貨単位はシンガポール・ドル(S$)とセント(¢)、1S$=¢100で、1S$=約80円(2017年1月現在)。
両替は空港、銀行のほか、公認両替所の看板のあるところでできます。
電圧とプラグ
電圧は220~240V、50Hz(日本は100V、50又は60Hz)、
プラグはBF、B3タイプが主流。
喫煙・その他
2007年7月1日よりクラブやパブを含む室内飲食施設は全て禁煙となり、特定喫煙スペース以外での喫煙が発覚した場合、罰金S$200が科せられます。
また、公衆トイレを利用した際に水を流さないと罰金(1回目催行S$150)が科せられます。
※たばこの持ち込みにはご注意ください。日本からシンガポールへのたばこの持ち込みは課税対象(自己申告)となっております。また、チューイングガムの持ち込みは禁止です。