HIS SPORTS SECTION

10/24

World Championships2016 大会結果について

01

少し前のお話になってしまいますが、今年6月19日〜26日にアメリカのシンシナティーで2年に1度の世界選手権が開催され、日本代表として参加してきました。
ラート競技はまだオリンピック種目ではないので、この世界選手権が一番大きな大会で、世界のトップ選手達が最大の目標としている大会です。世界選手権が開催されない年には世界ラートチームカップという大会があり、こちらも世界最高峰の大会ですが、団体戦のみの大会なので個人戦はありません。

02

今年の世界選手権の結果は、団体戦準優勝、個人総合5位入賞、種目別斜転4位入賞、種目別直転5位入賞、種目別跳躍7位という結果でした!
個人の結果としては、種目別の直転以外は過去最高の順位という結果でした!
(種目別の直転では2013年の大会で銅メダルを獲得しているので、最高順位の更新とはなりませんでした。)
直転では決勝でミスしてしまい、目標としていた優勝は成りませんでしたが、個人総合、そして種目別斜転の入賞は本当に嬉しかったです。その訳は大会までのプロセスにあるので、今回はそのことについて書かせていただきます。

03

世界選手権を偶数の年に変更しようという世界ラート連盟(IRV)の意向により、2015年と2016年は連続で開催されました。私は怪我により昨年の世界大会出場が叶わなかったため、世界選手権出場は3年ぶりでこの大会には並々ならぬ想いがありました。
しかし、世界選手権に向けて新しい技を習得するために練習の負荷をあげていた大会3ヶ月前、ふとした瞬間に腰を痛めました。急性腰痛症(ぎっくり腰)でした。元の負荷で練習するためには約1ヶ月かかるとのことで、はじめての腰痛で少し焦る気持ちもありましたが、幸い大会に出場できないような大きな怪我ではありませんでしたし、前向きな気持ちでリハビリを始めました。急性腰痛症は再発が怖いため、慎重に練習を続けていましたが、最初の受傷から一ヶ月ほど経ったある日にアクシデントにより、再発させてしまいました。

04

さすがにこの時は「またしばらく練習できないのか…」とかなり落ち込みました。もちろん、大会まではまだ2ヶ月あったので、再発させずに治せば出場はできる状況でした。しかし、「出場は間に合う、ただそれまで本番の演技はほとんど練習できない」という状況が耐えられない程の苦痛でした。世界大会から約半年前の全日本大会で日本代表が決定するのですが、全日本大会と世界選手権ではルールが違うため、代表が決まってから新しい演技を作り始める選手がほとんどなのです。「練習したら再発するかもしれない、でも練習をしないと本番までに演技ができあがらないかもしれない。そんな状態で出場する世界選手権に意味はあるのか…?」と毎日自分に問いていました。

05

幸い、しばらくすると直転は腰に負担をかけないようにできる技が増え (とはいっても恐る恐るですが…)、できる部分をひたすら練習することと腰のリハビリに時間をかけました。特に直転で優勝を狙っていましたし、団体戦でも直転を担当することになっていたので、もう直転のみに出場を絞ろうかとも思いながら直前まで過ごしていました。しかし試合が近づくにつれて、「2年に1度の舞台、せっかくこれまで3種目とも逃げずにやってきたのだから、全種目出場できるのであればしたい!!!」という思いが込み上がってきました。跳躍は出国2週間前、斜転は出国3日前にやっと本格的に本番でやる予定だった演技の練習をすることができました。

06

本番では、「世界選手権の舞台に戻ってこられた」「この場で3種目に挑戦できる」ということが本当に嬉しく、演技をする前から涙が出てきそうな程でした。
予選では斜転に少しミスが出てしまいましたが、直転と跳躍は会心の出来でした!予選が終わり、「あとは団体戦、そして直転の決勝だけだ!」と思っていました。しかしその後、思わぬことに決勝進出者として直転以外にも個人総合と斜転で自分の名前が呼ばれ、とても驚きました。このような背景があり、今回の結果は自分にとって、とても感慨深いものでした。その瞬間その瞬間のベストを尽くすことが何より大事なことだと改めて感じた大会になりました。
怪我は試合の結果の言い訳にはなりません。しかし、その中でベストの演技ができ、さらに結果がついてきたことがとても自信になりました!怪我をしない強い身体を作るトレーニングもしながら、まだまだ技術も磨いて、また2年後の世界選手権の大舞台で理想の演技ができるように顔晴ります!

PROFILE

堀口 文

1990年2月26日生まれ(26歳) 秋田県出身
2016年7月に筑波大学人間総合科学研究科を修了し、修士(体育学)の学位を取得。

幼少の頃より水泳、ダンス、陸上競技、バドミントンなど様々なスポーツを経験し、
2009年に筑波大学体育専門学群に進学。体育会体操部に所属する。
2016年3月まで在籍した体操部では、1年半の間主将として活動。
その間ラート競技だけでなく国内や海外において数多くのパフォーマンス活動をおこなう。

ラートと出会ってわずか2年後には日本代表に選出され、全日本選手権において種目別3連覇を達成。
2014年には世界ラートチームカップにおいて団体優勝を果たし、世界一を経験する。
2016年6月に開催された世界ラート競技選手権では団体戦2位、女子個人総合5位(日本人最高位)入賞、
種目別においても2種目で上位入賞を果たした。

現在は12月に開催予定の全日本ラート競技選手権に向けてトレーニング中。

MESSAGE

私は19歳の時にラート競技を始め、これまで様々な経験をしてきました。
2013年に世界選手権でメダル獲得、2014年には初の世界一になりました。
その後は更に自身を高めるためにラート競技の強豪国であるドイツへ単身で留学し、
世界有数のトレーニングや指導者、選手から多くのことを学ばせていただきました。
心身共に充実し順風満帆に思われた競技生活でしたが、帰国後に大怪我を負い、
約一年におよぶリハビリ生活を送ることになりました。
現在は完全復活し、来年の世界チームカップ、
そして再来年の世界選手権を見据えて日々トレーニングに打ち込んでいます。
私はラートと出会ったことで、それまで感じたことのなかったような喜びや達成感、同時に悔しさや痛みも知りました。
そしてこれからもラートを通して多くのことを学んでいきたいと思っています。
ここでは、ラートの魅力はもちろん、そんな私がどのような想いで日々ラートと向き合っているのか、
世界を相手に戦ってきたなかで感じていることなども存分にお伝えしていきます!
沢山の方にご注目いただけるように頑張りますので、応援よろしくお願いします。

SCHEDULEスケジュール

BACK NUMBERBACK NUMBER

コラム画像
2.28 Team World Cup 2017
今日は約2ヶ月後にせまってきた Team World Cup についてお話したいと思います。
コラム画像
2.17 大学院で学んだ事
こんにちは。最近は少しずつ日が長くなってきましたね!寒いとウォーミングアップにかなり時間がかかるので、はやく暖かくならないかなーと思いながら練習しています。
コラム画像
1.30 OFFの日の過ごし方
こんにちは!お正月休みで少しだけなまった身体とも完全におさらばし、4月のチームカップに向けて本格的に始動しています!
コラム画像
1.16 スクール活動や普及活動について
皆様、明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします!さて、今日はラート競技以外の活動について書いていこうと思います。
コラム画像
12.27 今年の総括と来年の抱負
早いもので2016年ももうすぐ終わりです。今年もたくさんの出来事がありました。少しずつ振り返ってみようと思います。
コラム画像
12.19 第22回全日本ラート競技選手権大会のご報告
12月10日・11日に第22回全日本ラート競技選手権大会が茨城県つくば市で開催され、出場してきましたので、そのご報告をさせていただきます。
コラム画像
11.30 全日本大会に向けて
今年も全日本ラート競技選手権大会が近づいてきました!毎年クリスマスソングが聞こえ始めると、全日本の季節だなあ…と感じます。
コラム画像
11.15 ドイツ留学で得たもの
11月9日でドイツへの留学から帰国し、2年が経ちました。今日はその時のドイツ留学で感じたことや経験したことをお話ししたいと思います。
コラム画像
10.24 World Championships2016 大会結果について
少し前のお話になってしまいますが、今年6月19日〜26日にアメリカのシンシナティーで2年に1度の世界選手権が開催され、日本代表として参加してきました。
コラム画像
10.07 ラートとの出会い、魅力
初めまして、ラート競技日本代表の堀口文と申します。「ラート」というスポーツをご存知でしょうか?

COLLABORATION TOURS

CONTACT
スポーツ事業営業所

tel / 03-6836-2550 平日:10:00~18:30 / 土曜:10:00~15:30 / 日曜・祝日:定休日
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿ビル1F
[ 総合旅行業務取扱管理者 前田夏樹 ]

TOKYO
東京スポーツイベントセクション

tel / 03-5360-4681 月~金曜:11:00~19:30 / 土曜:11:00~18:30 / 日曜・祝日:11:00~18:00
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿ビル1F
[ 総合旅行業務取扱管理者 生岡 陽 ]

YOKOHAMA
横浜スポーツイベントセクション

tel / 045-410-1571
月~土曜・ 日曜・祝日:11:00~19:00
〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1-6-1 横浜ファーストビル11F
[ 総合旅行業務取扱管理者 森 雅弘 ]